ボトックスエラを確認【歯ぎしりなども改善していく効果が期待】

  1. ホーム
  2. 簡単お手軽整形

簡単お手軽整形

女性

みんなやってるプチ整形

ネームバリューがある、いわゆるCMなどでよく見かける美容外科クリニックなら技術も高いし安心できそう、と考えるのは尚早かもしれません。ボトックスエラ注射は手軽にできる整形でしかも人気が高いため、いまでは多くの美容外科で取り扱っているメニューのひとつです。ヒアルロン酸注射よりダウンタイム(腫れや痛みがひくまでの時間)が短い上に、そもそもの腫れや痛みが少ないため人に知られにくいため、注射を望む人も多いでしょう。一方で、ヒアルロン酸注射とは違い、注射する医師の技術や経験によって、しあがりに差が出るのもまた事実です。ボトックスエラ注射をするときには、注射する場所とボトックスの注入量を医師が決めることになります。未熟で経験の浅い医師だと注入量が多くて不自然な仕上がりになったり、注入量が少なく効果がいまいち発揮されなかったり、といったケースも極稀に発生するといわれているのです。こうした事例もあることから、美容外科を選ぶ時は、知名度だけでなく、医師の技術やこれまでの経験を調べてみると良いでしょう。美容外科によっては医師を指名できる場合もありますが、指名料が必要になったり、人気が高ければ診察までに時間がかかったりする可能性もあります。といっても、安全・安心のためには信頼できる医師をえらぶことが大切です。ネット上の書き込みやブログなども参考にしつつ、最終的には自分が医師とあった時のフィーリングを優先させましょう。自分がこの人なら大丈夫、と思える人にボトックスエラ注射を任せることが、美しくなるための秘訣です。例えば二重整形の場合、手術をしてすぐに二重になっていることがわかりますが、ボトックスエラ注射をしてもすぐにその効果を感じることはあまりありません。だいたい1週間前後で効果を感じるようになり、1ヶ月ほどでかなり変わったことを感じられるケースが多いといえます。これがボトックスエラ注射の特徴でもあり、人にバレにくい整形といわれる理由のひとつでもあります。ボトックスエラ注射をすると緩やかに効果が発揮されるのですが、注射から6ヶ月〜1年ほどたつとその効果が見られなくなっていく場合もあり、その際には改めて注射をすることになるでしょう。ただし、注射を繰り返すごとにその効果が長続きするという側面もあるため、注射を繰り返すことで効果が持続する期間が長くなるというメリットもあります。さらに、人によっては4、5回注射を繰り返すことで効果が半永久的になるケースもあり、その後は注射をしなくても効果が続くということも珍しくありません。かといって短期間に何度も注射をすることは難しく、美容外科によって期間に差がありますが、再注射するためには3ヶ月〜6ヶ月ほどの間隔をおくことが前提となっていることもあります。ただし、注射する場所が違う場合や、量が少ない場合は期間が短くなったり同時に複数の場所に注射できたりすることもあるでしょう。こうした特徴があることを踏まえると、ボトックスエラ注射がこれほどまでに高い人気を誇るというのもうなずけるものでしょう。手軽に取り入れたい美容整形のひとつとして、ボトックス注射は今最もアツイ方法といえるかもしれません。